離婚問題は弁護士がズバッと解決!|慰謝料は離婚専門の知識が重要

女性/スーツ

相談が大切

協議離婚や調停の場合

Man and Woman

離婚の時は、必ず弁護士はつけなければならないものでしょうか。実はその必要はありません。離婚はまず話し合いにより協議離婚を行い、それで合意できなかった場合は離婚調停となります。この調停は家庭裁判所で行います。この2つに関しては、特に弁護士をつけなくても、協議なり調停なりで合意すれば離婚が成立します。本当に弁護士が必要になるのは、調停が成立せず、離婚を裁判に持ち込む場合です。しかし、協議または調停であっても、弁護士に依頼することによって、ことが有利に進められる、あるいは、調停の場合の書類を作成してもらえるといったメリットがあります。この場合の費用は大体20万円から50万円、裁判になると大体30万円から60万円の金額になります。

弁護士費用が気になる時

また弁護士事務所の場合は、30分につき5400円の相談料もかかりますので、離婚を考えていても、そこまでお金を出せないという理由でためらってしまう人も多いかもしれません。そのような場合は、法テラスの無料相談が便利です。この無料相談は、収入が一定基準を満たさない場合に利用できるもので、さらにその人に合った弁護士を紹介してくれますし、民事法律扶助といって、一時的に費用を負担してもらうことも出来ます。この負担分は、後で分割で返済します。その他にも、一部の弁護士事務所では、依頼人の予算に合わせた離婚プランを設けている所もあります。また、事務所によっては相談料を無料にするなどして、お金がない場合でも離婚を進めることが出来るようになっています。