離婚問題は弁護士がズバッと解決!|慰謝料は離婚専門の知識が重要

女性/スーツ

子どもの親権を獲得

離婚の際には

Woman

離婚した夫婦がともに親権を有すると定めることは許されておらず、必ずいずれか片方の親のみを親権者としなければなりません。当然ながら、親権を有しないからといって、親であるという事実まで存在しなくなるわけではありません。あるいは、親権を有さないからといって、何ら扶養義務を負わないわけではなく、必要に応じて、養育費等を支払う義務を負います。もっとも、親権を持つかどうかにより、法律行為を代理できるか等が異なりますので、親権が欲しいと思うのは、もっともな心境です。離婚した後に、親権者を変更することも可能ですが、ハードルが高いため、親権が欲しい場合には、離婚の際に親権を得る必要があります。

親権が欲しい場合

夫婦間の話し合いで、親権者を定めることができない場合、家庭裁判所に、親権者の指定を求める調停を申し立てることになります。そして、調停手続きでも折り合いがつかない場合には、審判手続き、裁判に移行することになります。裁判所は、子どもに対する愛情の深さ、収入などの経済力、親の年齢や健康状態、子どもの年齢や、その意思等様々なことを考慮して、夫婦のいずれが親権者にふさわしいかを判断することになります。一般的には、母親が有利だとされていますが、必ず親権を得るとは限りません。この際、大切なことは、弁護士の有する専門知識を駆使して、法律的な観点から自らが親権者にふさわしいと裁判所に確信させることです。このため、離婚相談については、家事事件を専門とする弁護士に相談することが不可欠といえます。また、裁判に移行する前であっても、弁護士のアドバイスがあることで有利に進展させることができます。このため、なるべく早い段階から弁護士に相談することが重要です。