離婚問題は弁護士がズバッと解決!|慰謝料は離婚専門の知識が重要

女性/スーツ

慰謝料の支払

弁護士を利用する人

Woman

離婚するにあたり、金銭の支払いが必要になるケースがよくあります。婚姻期間中に形成した財産を分けるために、まとまった額の金銭の受け渡しがなされることが時折ありますが、一番多いのは慰謝料が支払われるケースです。夫婦間にこれといったトラブルはなく、ただ単に性格の不一致を理由にして双方が納得した上で離婚するような場合であれば、慰謝料の支払いが問題になってくる余地がありません。しかし、どちらか一方の不貞や暴力、浪費などが原因となって離婚するケースが多いため、慰謝料の問題が発生してきます。当事者間の協議で慰謝料額がすんなり決まればよいのですが、実際は揉めてしまうケースが大半です。そのため、今後は弁護士を利用して慰謝料の請求をする人が多くなるのではないかと考えられています。

離婚する際に注意すべき点について

離婚条件に関する合意書を念書の形にしておく人が少なくありませんが、念書には法的効力が認められていませんので、注意する必要があります。もちろん書面が何も残されていないよりはマシですが、慰謝料の金額や支払い方法が書かれた念書を元にして、慰謝料の支払いを求める裁判を提起するようなことはできません。実は、夫婦間で話し合いが行われた際には慰謝料の支払いに合意していたとしても、いざ離婚が成立してみると平気で踏み倒す人が大勢います。手元に残されているのが念書だけですと、そんな時には何の役にも立ちません。確実に慰謝料を支払わせたいと考えているのであれば、弁護士の協力を得て公正証書にしておくのが一番です。現実的なことを考えると、離婚後に慰謝料を分割払いする約束をするケースが多いので、公正証書にしておくことが大切です。